安全♪安心♪大伸管〜誠意と技術で快適な環境をつくる〜

青森県弘前市の設備工事会社「大伸管工業所」のブログです。
当社が施工する工事現場や、修理・修繕、水廻りのリフォーム情報、そして太陽熱利用をはじめとした環境機器等のご紹介もさることながら、
「業界と地域の発展には先ず己の人間力を磨くべし」などと想いは熱いが、割とゆる〜い日常を紹介する「ローラの日記」等々、超不定期便にて、お届け中!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
効果が見えた!
昨年末に某病院施設にて、空調加湿器の給水系統に実験的に装着したアリオレス電磁氣装置。

50mAの家庭用にて実験したのでしたが、あまり効果が出なかった為に、

電流値をアップした特製アダプターに変更したのが今年の3月。

約2ヶ月経過した今日。

その結果は・・・

続きを読む >>
| 大伸管 | アリオレス電磁気装置 | 14:01 | comments(0) | - | -
水質と電流の関係。
Chug☆Puff!
水質によって、配管や機器内部がスケールで詰まってしまう場合があります。

そのスケールを除去したり、詰まりを防ぐ装置が、このアリオレス電磁氣装置なのですが…。

しかしながら、全ての水質にオッケーとは…、

イカ金…のようです。
続きを読む >>
| 大伸管 | アリオレス電磁気装置 | 13:42 | comments(0) | - | -
弘前市樹木S様邸 アリオレス電磁気装置M型25A(家庭用)

今回のケースは、

慢性的な赤水に悩まされておりました弘前市樹木にお住まいのS様のご依頼デス。

このお宅は給水箇所が多い為、水道管が25ミリとなっておりますが、

利用目的が一般家庭の飲料水系統デスので、家庭用のM型を選定させて頂きました。

因みに家庭用のサイズは25ミリまでとなっておりマス。

それではマズ、施工前の水と施工後の水の比較から見て頂きましょう。

どうぞっ!



Befor
DSCF4548.jpg


After
DSCF4584.jpg


いずれも右側がS様邸から汲んできた水道水で、

左側が当社の水道水。比較の為に並べてみマシたよ。

取付から一週間後の状況デスが、

まだ弱冠濁っておりマスが、格段に良くなっているのが判りマスよね。

奥様も効果に満足されているようデス。

うれしいデスよォ。

続きを読む >>
| 大伸管 | アリオレス電磁気装置 | 12:39 | comments(2) | - | -
弘前市第1号

弘前市に於ける、アリオレス電磁気装置の取り付け第1号は当社なのデスが・・・。

TS320579-02.jpg
当社機械室デス。
自分トコは間に合わせ的テキトー配管でお恥ずかしいデス・・・。

の矢印が指しているのがアリオレス電磁気装置 M型20Aデス。


第1号と云うのは、アリオレスばかりではなく、

写真に見えマス水色のパイプ。

コレは水道用の架橋ポリエチレン管なのデス。

従来のライニング鋼管からコノ配管で、弘前市の水道部へ申請許可を得て施工したのは、

当社が初めてなのデシた!パチパチパチッ!


平成11年に、今の社屋を新築したのデスが、

関東方面のマンション建設等に普通に採用されていた架橋ポリエチレン配管。

しかし、寒冷地に於ける施工に関して、凍結等のトラブル回避を第一優先とし、

行政サイドとしては、なかなか首を縦に振ってくれませんデシた。


様々な陳情を経て、晴れて解禁になった矢先に丁度タイミング良く着手した訳デス。

現在では、各メーカーさんが様々な架橋ポリエチレン管のラインナップを揃えておりマスが、

当時は1〜2社の国産メーカーと、外国製があるのみで、

施工方法も試行錯誤でしたので、

取り敢えず1階の配管は床スラブ(コンクリート)にサヤ管を打ち込む方法を取りマシた。

今でしたら、迷わず天井配管を選択するのデスけどネ。


1階床スラブには床暖房のパイピングも施工しまシタので、

冬になって暖房を入れると、蛇口の水が温くなって出るなんて云う、

ちょっとビミョーな副作用なんかもありマシたけど・・・。

まあ、特に問題ないと云う結論を証明出来たのではないでしょうか。


当初、水道部との打合せでは、

『水抜き栓も不要デスよ・・・。』

なんてコトも云われたんデスけど、

一応、後生の為に口径25Aの水抜き栓1本だけは付けましたが・・・。 

その時は、将来水抜き栓が無くなるんじゃないかって思いマシたよね。

そんなコトはなかったデスけどね・・・。(メーカーさんよかったデスね)

いずれにせよ、当社社員は快適で、おいしい水を頂いておりマス。

アルカリイオン整水器も使ってマスからね。

当社のコーヒーやお茶はホントおいしいデスよ〜。

是非あそびにおいで下さいね〜。 

| 大伸管 | アリオレス電磁気装置 | 12:13 | comments(0) | - | -
弘前市堅田O様邸 アリオレス電磁気装置M型20A(家庭用)

設置の状況を施工順にご紹介致しマス。 


DSCF0001.jpg
着工前の水道メーターボックスです。


DSCF0004.jpg
水道メーターボックス直後を掘ると、配管が出てきマシたよ。
塩化ビニル管VP20Φデス。直後に立ち下がっているので、
設置スペースが厳しいデスね。



DSCF0007.jpg
塩化ビニル管には電氣が流れまセンので、
亜鉛鉄板スリーブを巻きマス。アブナかった!丁度良いデスね。
黄色いのは電極を固定する蝶ネジです。



DSCF0008.jpg
電極を繋ぎ固定しマス。
水の流れ方向に添って電氣を流すので、上流側を黒(+)、下流側を白(−)としマス。



DSCF0010.jpg
磁界部(磁石)を取り付けマシた。



DSCF0013.jpg
ステンレスバンドでしっかり固定。



DSCF0014.jpg
デンゾーテープ(ペトラタム防蝕テープ)をスキマなく巻きマス。




DSCF0017.jpg
更にビニルテープ巻きで水の進入を防ぎマス。




DSCF0018.jpg
電源はサヤ管ごと延長して・・・、



DSCF0021.jpg
外部コンセントに接続。
ココのケースは、建物内部のコンセントより電源を取り出しマシた。




DSCF0022.jpg
パイロットランプの点灯を確認して・・・ 



DSCF0019.jpg
元どおり埋め戻して完了。 



この現場は設置してから4〜5年経過しておりマス。

当初お試しで、ボイラーへの給湯配管に設置したのですが、

全ての給水へ効果アルようにしたいとのコトで、

正式に水道メーター直後に取り付けと相成りました。パチパチパチッ!


使ってみて、お客様の感想は・・・

『ナンかメシが旨い観じがスル・・・。』   ハハハ

ムムム・・・メシが旨くなる機能は付いていナイはずデスが・・・。 


築20年位経過しているお宅なのデスが・・・

今のトコロ、赤水が出るでもなく、ご本人様も健康そうデスので、

結果オーライかと・・・んんんん・・・まだまだ検証が必要デスね。 

続きを読む >>
| 大伸管 | アリオレス電磁気装置 | 17:48 | comments(0) | - | -
アリオレス電磁気装置のご紹介デス。

当社が代理店を務めさせて頂いている。
アリオレス電磁気装置をご紹介致しマスね。

詳しくはポチッとな

<http://www.daishinkan.jp/ariores/ariores.html>


ワタシの解釈デスと・・・

ズバリ!『電気防蝕及びスケール防止装置』な〜んて長ったらしくなっちゃうのデスが・・・。

こう云う類のって、ナンとか還元水とか磁化水だとか、

水のクラスターが微細になって、細胞に分子レベルでパイルダーオ〜ン!・・・

な〜んて、ヒジョーに解りにくく、科学的にもビミョーな商品デスよね。


かく云うワタシも、つば付け過ぎてゴルゴ13の殺し屋みたいな眉毛になるくらい、

いろんな角度から検証を続け、

理解度は完璧ではアリまセンけれども、

冒頭の解釈と結論着けた訳なのデスが・・・。

よくワカんナイけど、

実際に赤水は止まるし、配管の中にスケールが着かないのは事実。

こう云う商品って、実は1,000社くらいのメーカーがアルらしく、

その殆どが磁石をパイプに挟んだり、パイプを切り取って差し込むタイプなのデスが、

中には、電線をパイプに巻くタイプも有りマス。

しかしワタシが着目したのは、このアリオレス電磁気装置が、

磁石微弱電流を利用するハイブリッド!なシステムと云う点!

何でもハイブリットとか専門的横文字使ってりゃあイイってもんじゃアリませんが、

配管の防蝕方法に電気防蝕と云って、配管自体に電流を流す方法があるのデスが、

配管内の防蝕、防錆とスケールの付着防止と云う使用目的に関しては、

理に叶った、素晴らしい配管補助機器だなぁと思うのデス。


一言に電氣防蝕と云っても、非常にマニアックで説明するのはキビシーのデスが・・・、

〜詳しくは『電氣防蝕』でググって下さいネ。テヘッ(汗)〜


簡単な例デスと、トタン屋根に10円玉を置いておき、雨に濡れたりなんかしちゃってると、

トタン側が錆びて腐りマス。

この状態を、トタン板が電食していると云うのデスね。

これは、電位的にトタンが卑金属で、10円玉が貴金属である為、

卑金属であるトタンから貴金属である10円玉に向かって電流が・・・・

あぁ・・・スミマセン・・・アトはググって下さいまし・・・パタリ(倒れた)


電流と磁力って密接な関係がアルんデスよねー。

・・・まあ、その原理と云うか技術的なコトを説明するのはナカナカしんどいデスので、

以降このカテゴリーでは、アリオレス電磁気装置を、

実際に当社が設置して、その後どうなったのか?効果はあったのか?

その辺を追跡リポートしてゆきマスので、

興味の無い方にはヒジョーにキビシーと云うか、

つまらないカテゴリーかと存じマスが、

どうかお付き合い頂けますれば幸いに存じマス。

| 大伸管 | アリオレス電磁気装置 | 18:07 | comments(4) | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ