安全♪安心♪大伸管〜誠意と技術で快適な環境をつくる〜

青森県弘前市の設備工事会社「大伸管工業所」のブログです。
当社が施工する工事現場や、修理・修繕、水廻りのリフォーム情報、そして太陽熱利用をはじめとした環境機器等のご紹介もさることながら、
「業界と地域の発展には先ず己の人間力を磨くべし」などと想いは熱いが、割とゆる〜い日常を紹介する「ローラの日記」等々、超不定期便にて、お届け中!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
厳寒の漏水・・・。
 1月7日(月)今年3件目の漏水修理(涙)。

よりによって又、夜間工事・・・(滝涙)。

中野5
すんごい悪条件・・・坂の下、重機入らず・・・。

流石は寒沢町・・・。寒い沢ですよ・・・(涙)。
滾々(こんこん)と湧き続ける水・・・氷点下6〜7℃の中・・・。

総手掘り作業・・・掘っては崩れ・・・掘っては崩れ・・・。
まるで賽の河原で積んでは崩される石ころのような・・・(滝涙)。

結局完了したのは深夜11時。
・・・お努めご苦労さんでやんしたっ!

原因は・・・
続きを読む >>
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 18:50 | comments(0) | - | -
癸己(みずのとみ)年はどんな年?
 去る1月5日(水)
当社の安全祈願を弘前八幡宮にて執り行いました。

数名の社員が顔色も悪く元気がありません。

それもその筈です。

前日は当社が加盟する弘前管工事業協同組合の道路漏水待機日だったのですが、

なんと漏水のダブルヘッダー!!

漏水修理2件目を完了したのが深夜0時過ぎ!

後始末を終え、帰宅は3時にもなったのでしょう。

それでも毎年全員参加の行事だからと、疲れた身体に鞭打って来てくれたのでした。

なんと嬉しい事でしょうか。

式終了後の直会(なおらい)では、正月早々の骨折りをいたわり、

倍の酒を注いだのは云うまでもありません。

『たんだでねがったじゃあ〜!(大変だったよ〜!)』と酒の肴になってましたが(笑)。

しかし、楽しい酒盛りになったのも束の間、

この翌週の月曜には早くも今年3回目の漏水にぶち当たるのでした!

なんという〜!早見優〜!(チョー古っ!!!)

失礼しました・・・(滝汗)。

氷点下続きで水道凍結が続出。更に漏水。極め付けの豪雪!

泣きっ面に蜂どころか、極寒地獄のの三冠王・・・て感じです(滝涙)。

それもその筈、癸巳(みずのとみ)年の、

癸は十干の一番最後で、陰の水を表し、水の災害が発生する恐れがあるんだそうです。

備えあれば憂いなしです。

一応気に留めてみては如何でしょうか?

もう無い事を祈るばかりですが・・・(汗)。


| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 17:28 | comments(0) | - | -
250Kgのバケモノ。
JUGEMテーマ:ビジネス

帰りの坂をやっと登って来たよ〜!
BFV600mm
バタフライ弁600A!!!重量250Kg!!!タイコ中央の腕時計と比較してみて

某放送局の地下ピットから、やっとのことで引き揚げて来ました(汗)

特注のバルブ自体は現在制作中です。
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 17:26 | comments(0) | - | -
丸ニップルは・・・×

ニップル・・・直訳すると『チクビ』。

単語だけブツブツ言ってると、

キケン人物のレッテルを貼られてしまいそうで注意が必要ですが、

れっきとした配管部材のひとつです。

ネジにはオスとメスがあるのですが、

オスネジ(オネジ)は管の外周にネジが切られているものを言い、

メスネジ(メネジ)は管の受けて側の内面にネジが切られているものを言います。

両端にオスネジ(オネジ)が切られている部材を、ニップルと呼びます。

他にも、エルボ、チーズ、レヂューサー、ユニオン等々、

様々な接合部材がありますが全て英語名からきており、

エルボ「ELBOW」は身体の肘の意味ですが、曲り部分、

チーズ「TEE」はT字同様、分岐部分、

レヂューサー「REDUCER」は縮小で、配管口径をダウンサイズする部分、

ユニオン「UNION」は連結とか結合する部分を表します。


今回はチクビ・・・もといニップルの使用で、

当社では禁止している施工例をご紹介致します。

続きを読む >>
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 10:05 | comments(0) | - | -
断水で熱湯地獄温泉…その後。
先日、断水の原因が草の根っ子だったと判明した山奥のとある保養所。

まだ水が出ないとの事で、やって来たのですが、
CA3G1894.jpg
もう…すっかり冬景色…。

私の頭の中で、石川さゆりが熱唱しています…、

「ウィスゥ〜キィ〜っがっ、おすぅきぃでしょ…」
…曲が違うだろ…

…て、そんな事はどうでも良いのですが、

取り敢えずポンプ室を覗いてみました…。
続きを読む >>
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 16:45 | comments(0) | - | -
植物の脅威。

山奥の別荘の断水・・・最終話です。

先週の土曜日、パイプに電線を挿入して突き当たった続き。

CA3G1854.jpg
特定された大よその箇所を掘ります。


CA3G1850.jpg
コンクリート製の側溝のすぐ脇にパイプが現れました。


CA3G1859.jpg
パイプ圧着機で塩ビ管を潰して水流を止めます。
圧着したパイプの直ぐ下流側を切断すると・・・

CA3G1860.jpg
水が出ました!
なんだ・・・ここまで水が来ているじゃないか・・・。


CA3G1861.jpg
バイパス配管して水圧を逃がしているところです。


CA3G1868.jpg
道路を横断する側溝を利用して配管していました。
勿論、露出です。
年がら年中流しっ放しなので厳しい冬でも凍結しないんですね。


CA3G18620001.jpg
あれっ!パイプから何か出ている・・・

続きを読む >>
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 15:08 | comments(4) | - | -
断水原因・・・あやしい箇所。

水が出なくなってしまった山奥の別荘・・・つづきです。

ダウジングで配管ルートは判明しましたので、

早速、先週の土曜日に乗り込んで作業開始したのでした。

が、マーキングしていた箇所を掘れども掘れどもパイプが出てきません!

狙う相手は相当深い位置に埋まっているようです・・・。

埒が明かないので一旦道路の方まで下りて行き、途中露出している配管を切断したところ、

なんと・・・水が出るじゃありませんかっ!

まさか!と思い、建物横の受水槽ポンプ小屋へ戻り、

配管を分解してみると・・・やっぱり水は出ない・・・???

パイプを切断して水が出る位置から、建屋横のポンプ小屋まで約60メートル。

ここから、掘りながら下るなんてナンセンスなことしている余裕はありませんので、

車両に積んであった電線をパイプに挿入。

30メートル程いったところで手応えが・・・。

折れているのか、何かが詰まっているのか?

ここまで突き止めたところで、この日はタイムオーバー。

| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 15:06 | comments(0) | - | -
ダウジング
食と産業まつりの設営中、弘前YEGの先輩のM社長より電話があり、

なんでも、平賀の山奥にある、会社が保有する別荘の水が出なくなったとのこと。

この別荘。温泉の源泉も同一敷地内に持っている素晴らしい所なのですが、先般の地震の影響によりなんと!

源泉温度が高くなってしまい、100%源泉掛け流しでは、とてもそのまま入られなくなってしまったんだそうです。

で、肝心の水ですが、これ又なんと!

300メートルほど山に入った沢からの湧き水を塩ビパイプで配管しているらしく、

どこをどう配管しているのか…?


しかし…この山奥でしょ?土石流注意とかなってるし…(汗)。
続きを読む >>
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 16:36 | comments(2) | - | -
霧っとクール・・・?

弘前市観光課の美人担当者お二方より依頼されたのですが、

何でも、今週末にイベントで『霧』を発生させるのだそうな・・・。

で、この装置にホースを繋いで水を入れたいのだそうです。
CA3G1991.jpg

『霧っとクール』・・・

なんちゅうネーミングなんじゃ・・・。

続きを読む >>
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 12:09 | comments(0) | - | -
緊急事態…チェーンソーくれ…。
Chug☆Puff!
朝、O研究所にて漏水との連絡。

担当のN部長が行って調査したところなんと、
水道引き込み管のVP75m/mが破れて、大変な事に!

透析の患者さんが居る為、水は絶対に止められません!

現在、外氣温はマイナス6度。

夜間工事に突入確実。

しばれる夜になりそうです。
続きを読む >>
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 18:07 | comments(0) | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ