安全♪安心♪大伸管〜誠意と技術で快適な環境をつくる〜

青森県弘前市の設備工事会社「大伸管工業所」のブログです。
当社が施工する工事現場や、修理・修繕、水廻りのリフォーム情報、そして太陽熱利用をはじめとした環境機器等のご紹介もさることながら、
「業界と地域の発展には先ず己の人間力を磨くべし」などと想いは熱いが、割とゆる〜い日常を紹介する「ローラの日記」等々、超不定期便にて、お届け中!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
夕焼け星雲
夕焼け
夕焼雲がまるで、色んなガスや塵が拡散してゆく星雲のようで、想わず撮ってしまいました。

携帯カメラだと、やはり役不足か・・・肉眼で観た美しさが伝わらない。

やっぱりGR掲磴Δな・・・。

星雲から放射される美しい光の色は、その原子特有の光の波長によるもので、

例えば酸素なら青、水素なら緑、硫黄や窒素なら赤と云う具合なのだそうです。

科学的に解明されていることだとしても、宇宙や自然はやはり雄大で計り知れず、

つくづく摩訶不思議です。

| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 12:31 | comments(0) | - | -
不思議な・・・あお。
先日訪れた十二湖の素晴らしく美しい池。

生きとし生けるものにとって、無くてはならない、かけがえのない水。

白神と云う天然の超高性能フィルターを潜り抜け、

究極に研ぎ澄まされた上に、

人智の及ばない絶妙な配合で混じった様々なミネラル成分が、

この神秘に満ちた不思議な池を創り出したのだ。

この不思議な・・・『あお』。

青なのか蒼なのか碧・・・。相応しい字は何なのでしょうか。



青池
青池



沸壺の池
沸壺の池
| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 09:42 | comments(0) | - | -
ねぷたが始まりマス…。
黄昏時
蒸しアツい夜の始まりデス。
悔しいけど、今年は参加出来ず…。
| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 19:16 | comments(0) | - | -
茜さす夕立雲去り行けど…
CA3G0673.jpg

今宵の菊火の絢爛を目前に、

夕立雲も程良いお湿りを与えて去りました。

その嬋娟たるお姿が顕れていたのでしたら、

どれほど素晴らしかったのでしょう。
| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 00:12 | comments(6) | - | -
林檎の花
りんごの花 
あいにくの曇り空ですが・・・
薄ボンヤリ浮かぶ岩木山をバックに林檎の花が満開です。
| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 11:24 | comments(2) | - | -
ごがつばれ・・・


岩木山100515

五月晴れ。

6月の梅雨明けの晴れ間を云うのが「さつきばれ」と云うそう・・・。

だから今日は、「ごがつばれ」デスね。 


| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 13:15 | comments(0) | - | -
水面に映りし桜の花と…
アイドリングストップ活動中。
外堀と桜と岩木山
暫し見とれてしまいました…

ケータイカメラなので解像度が・・・  
お堀の水面に白く映っているのは、岩木山の山頂の雪なのデス。
| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 23:05 | comments(0) | - | -
桜鶯
会社の目の前に公園があるのデスが・・・
 桜鶯
今朝出社すると、美しい「ホー、ホケキョ」の声。

「ホーホゲギョ!」では無く。 

あくまで美しい「ホ〜、ホケキョ」なのデシた。 

美しい声の主は、なんとこの桜の木から聞こえるのデス。

梅にウグイスは定番デスが・・・。

桜にウグイスなんて、ちょっとステキじゃナイですか?

満開ならば尚ヨロシかったのデスが・・・

くうぅ・・・ケータイカメラなのが恨めしい・・・肉眼では確かに見えたのデス。

この写真じゃあ、花だか枝だかウグイスなのか、ちっとも解らナイし・・・。

でも、

爽やかな春らしい風と空。

ようやく咲き始めた桜と、枝越しに透かし見える岩木山。

そして時折聞こえる鶯の楽しそうな歌声。

嗚呼、春だな〜って、ほのぼの感じるステキな朝デシた。 



| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 15:33 | comments(0) | - | -
完璧に春


全車両のタイヤ交換を決定!
| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 18:26 | comments(4) | - | -
洛陽
4月4日(日)


目に沁みマス。
| 大伸管 | 嬋娟たる美人 | 18:13 | comments(0) | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ