安全♪安心♪大伸管〜誠意と技術で快適な環境をつくる〜

青森県弘前市の設備工事会社「大伸管工業所」のブログです。
当社が施工する工事現場や、修理・修繕、水廻りのリフォーム情報、そして太陽熱利用をはじめとした環境機器等のご紹介もさることながら、
「業界と地域の発展には先ず己の人間力を磨くべし」などと想いは熱いが、割とゆる〜い日常を紹介する「ローラの日記」等々、超不定期便にて、お届け中!
<< 11月の集熱結果。 | main | 雪々また雪よ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ヒートポンプ運転再開!

1ヶ月強お休みしていた井戸ポンプが復活!

それに伴い、昨日からヒートポンプユニットの運転も再開しました!

CA3E0006.jpg
浸水で漏電していた井戸ポンプは、この通りボイラー室へ移設しました。
まだまだ問題が残るヒートポンプユニットですが・・・、

CA3E0013.jpg
今朝、出社して運転状況を確認しましたが、特に異常もなく運転を続けております。

やっと、このユニットの正確な能力を測定する事が出来ましたよ。

今朝8:00のデータですが・・・、

先ず、1次側であるヒートポンプへの井戸水の入り温度は、13.6℃で、
返送井戸へ還ってゆく出口温度は、9℃でした。
このことから、4.6℃の熱を地下水から採取していると分かります。

そして、2次側である暖房への温水温度は、27℃を示しています。

CA3E0011.jpg

これは、ヒートポンプユニットから熱を加えられて出てきた温水温度です。

当社の暖房は、1階全室床暖房なのですが、
温水を床暖房へと送り、床から放熱して冷めた還りの温水が、
再びこのヒートポンプユニットへ入り、加熱されると云うサイクルを繰り返す訳です。

ヒートポンプへ入る暖房の還り温水温度は、23℃です。

CA3E0010.jpg

コントローラのモニター状況。暖房の還り温度を表示する設定にしてます。

ヒートポンプの入口と出口の温度差は、4℃でした。

これに流量を掛ければ、ユニットの加熱能力が導き出せます。

CA3E0009.jpg
ヒートポンプユニットへ循環している温水の流量は、24リットル毎分でした。

24L/m×60m×4℃=5,760Kcal/h≒6.7Kwh

このヒートポンプユニットの消費電力は1.8Kwの能力ですから、

6.7Kwh÷1.8Kw=約3.7となりますから、

COP=3.7と云う効率結果となりました。

メーカーの参考能力値は、冷却4.4の加熱5.4ですから、

加熱の5.4と比較すると約70%の出力に留まっていることが判りました。

この結果に対する原因は、測定誤差等、様々考えられますが、

1Kwのエネルギー投入が、少なくとも約3.7倍になって出力されていると云う結果は、

事実として導き出せましたので、今回の実験とシステムの検証は、

有効であると判断されます!


えっ!?まだまだ不足ですか?

地下水は、ほぼ一定の温度を保っており、
外気温度の変化による影響は、殆どありません。
比較的良質な地下水が豊富に利用出来うる環境であれば、
非常に有効なシステムだと考えるのですが・・・如何でしょうね?

| 大伸管 | 再生可能エネルギー | 10:28 | comments(3) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:28 | - | - | -
おはようございます

良いものだということは理解出来ますが、難しくて理解に苦しみます。

でも、なんか良さそう
| テー | 2011/12/17 7:37 AM |

コメントありがとうございます。
独りよがりにならないように努めておりますが、
ともすれば自己満足の世界で終わってしまう可能性も・・・、確かに孕んでいますよね。
誰にでも、わかりやすいシンプルなシステムと説明を心掛けます。感謝!
| ローラ→テーさん | 2011/12/17 6:09 PM |

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
| ビジネスマナーの電話 | 2012/04/19 12:19 PM |










    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

このページの先頭へ