安全♪安心♪大伸管〜誠意と技術で快適な環境をつくる〜

青森県弘前市の設備工事会社「大伸管工業所」のブログです。
当社が施工する工事現場や、修理・修繕、水廻りのリフォーム情報、そして太陽熱利用をはじめとした環境機器等のご紹介もさることながら、
「業界と地域の発展には先ず己の人間力を磨くべし」などと想いは熱いが、割とゆる〜い日常を紹介する「ローラの日記」等々、超不定期便にて、お届け中!
<< 放水魔 | main | アンティーク調ストーブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
丸ニップルは・・・×

ニップル・・・直訳すると『チクビ』。

単語だけブツブツ言ってると、

キケン人物のレッテルを貼られてしまいそうで注意が必要ですが、

れっきとした配管部材のひとつです。

ネジにはオスとメスがあるのですが、

オスネジ(オネジ)は管の外周にネジが切られているものを言い、

メスネジ(メネジ)は管の受けて側の内面にネジが切られているものを言います。

両端にオスネジ(オネジ)が切られている部材を、ニップルと呼びます。

他にも、エルボ、チーズ、レヂューサー、ユニオン等々、

様々な接合部材がありますが全て英語名からきており、

エルボ「ELBOW」は身体の肘の意味ですが、曲り部分、

チーズ「TEE」はT字同様、分岐部分、

レヂューサー「REDUCER」は縮小で、配管口径をダウンサイズする部分、

ユニオン「UNION」は連結とか結合する部分を表します。


今回はチクビ・・・もといニップルの使用で、

当社では禁止している施工例をご紹介致します。

先日受けた緊急修理対応。

症状は、電気温水器の排水バルブ付近から水がボタボタ・・・

なんだろうと思い、お客様がバルブに手を掛けると・・・、

バルブがポロリッ!

途端に水がジャァーーーーーーーーッッ!!!!!

いやあぁぁぁぁーーーー!とまあ、大変な状況に。


取り敢えず元栓を閉めて水は止めて頂き現場へGO!



 ドレンCu
銅管Cu20A。
これから吹く水は、結構強烈です!



ロー付
早速銅管用の接合部材オスアダプターを半田付けで接合します。

銅管は、切断面のバリを取りサンドペーパーで磨き、
フラックスと云う溶剤を塗ります。

フラックスは、銅管表面が酸化するのを防止し、
管表面に均一に半田が流れやすくする役割があり、

半田付けの精度にかなり影響します。
てか、使わないと漏れます!

半田付けはロー付けとも呼びます。

バーナーで銅管をあぶり、管と継手の隙間にプラスタン(半田)を差し込むと、
解けたプラスタンが滑らかに吸い込まれていきます。



冷却
半田付けが完了。
雪で冷却!普通は濡らしたウェス(布)を巻いて冷やします。



シールテープ
オスアダプターのネジ部にシールテープを巻いて・・・、



バルブ取り付け
バルブをねじ込み完成です。



丸Ni
バルブがポロリッといった原因は、
丸ニップルが腐食して折れた為でした。

丸ニップルは鉄のパイプにネジを切って制作する為、
管の肉厚が薄くなります。

更に、銅管等の異種金属との接続は電食と云うマイナス要素も・・・。

丸ニップルは接続部材同士の距離を短く出来るメリットがありますが、
耐久性を考慮し、使うのであれば角ニップルと云う、
肉厚の厚い部材を使用するよう指示しております。
| 大伸管 | 修理・修繕工事 | 10:05 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:05 | - | - | -









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

このページの先頭へ